プロジェクターをラップトップに接続する方法

ラップトップがサポートしている場合とサポートしていない場合があるさまざまな種類のビデオ出力を確認してください。 プロジェクタで最もよく使用される3種類のビデオ出力は、ビデオグラフィックアレイ(VGA)、分離ビデオ(Sビデオ)、および高解像度マルチメディアインターフェイス(HDMI)です。 使用するプロジェクタの入力に対応する適切なビデオ出力がラップトップにあることを確認する必要があります。

各タイプのビデオ出力および入力の長所と短所を比較検討します。 VGAプロジェクターが最も一般的です。 実際、現在動作中のすべてのプロジェクターにVGA入力が装備されている可能性があります。 ただし、VGAビデオはこれら3つのタイプの中で最も低い解像度を提供します。 S-VideoはVGAよりも高い解像度を提供しますが、特にバッテリーを使用する代わりにプレゼンテーションを行っているときにラップトップを電源に接続すると、画面がちらつきます。 HDMIは3種類の最高の画質を提供し、オーディオデータ転送をサポートできます。 ただし、HDMIを搭載したラップトップとプロジェクターは、他のビデオ転送フォーマットを使用するものよりも高価であることに注意してください。

予算とニーズに最適なビデオデータ転送標準を選択してください。 VGAは常に最も安全な賭けですが、新しいラップトップを購入する場合は、予算に合ったものを見つけて、HDMI出力も含むようにしてください。最高品質を提供し、使用せずにオーディオを転送できるためです追加装備 Sビデオ入力は、ほぼすべてのLCDまたはプラズマTVで使用できるため、プレゼンテーションをプロジェクターではなくTVに接続する場合、このオプションも実行可能で適切です。

プロジェクタをセカンダリビデオ出力デバイスとして使用する意図を認識するようにコンピュータに指示する方法を必ず確認してください。 Windowsベースのラップトップでは、これは通常、キーボードの一番上の行にある「F」キーのいずれかとともに「ファンクション」(または「Fn」)キーを押すことによって行われます。 多くの場合、これにはアクションに対応する「F」キー(「F4」など)にテレビモニターのように見えるものが表示されますが、よくわからない場合は、モデルに付属のマニュアルを確認してくださいコンピューターコンクリート。

選択したビデオケーブルをプロジェクタとラップトップの両方に接続し、プロジェクタの電源を入れて、対応するファンクションキーを押します。 グラフィックカードをお持ちの場合、同じキーの組み合わせをもう一度押すと、コンピューター画面がコンピューター自体に同時に投影されたイメージとして表示されます。

Macintoshラップトップをプロジェクターに接続するのはもう少し複雑です。 VGAを使用するプロジェクターと標準VGAケーブルを接続するには、特別なアダプターが必要です。 このアダプタはDVI-VGAと呼ばれ、Appleと他の電器店の両方で購入できます。 アダプタをラップトップのDVIポートに接続してから、VGAケーブルをプロジェクタとアダプタに接続します。 プロジェクタの電源を入れ、Macコンピュータの「F7」キーを押し続けます。しばらく動作します。

可能であれば、ラップトップと同じプロジェクタを使用してプレゼンテーションのエッセイを作成します。 準備する価値があり、出席者は、プレゼンテーションを行う必要がある日に正しいキーを押すときに神経質になり、ためらう場合は言うことができます。 自信を持っておけば、プレゼンテーションを正常に開始するのに役立ちます。

興味深い記事