PowerPointを壁紙として保存する方法

PowerPointプレゼンテーションを変換する

ステップ1

PowerPointプレゼンテーションを開き、変換するスライドまでスクロールします。 プレゼンテーション全体をデスクトップ上のスライドショーに変換する場合は、最初のスライドを使用します。

ステップ2

メニューバーで[ファイル]を選択し、[名前を付けて保存]をクリックします。 ファイルの場所を変更する必要がある場合は、ダイアログボックスの上部にあるドロップダウンメニューを開きます。 それ以外の場合、ファイルは通常、デフォルトで「マイドキュメント」に保存されます。

ステップ3

「タイプ」の横にあるドロップダウンリストを開き、JPEGまたはGIFを選択します。 どちらのオプションも画像になります。

ステップ4

プロンプトが表示されたら、現在のスライドを保存するか、プレゼンテーション全体を保存するかを指定します。 個々のスライドを画像として含むプレゼンテーションと同じファイル名でフォルダーが作成されます。 完了したら、PowerPointを閉じます。

壁紙を設定する

ステップ1

[スタート]メニューを開き、フォルダーリストから[コントロールパネル]を選択します。 「外観とカスタマイズ」サブメニューを見つけて、壁紙を変更するオプションを選択します。

ステップ2

検索ボタンをクリックして、PowerPoint画像を保存した場所を選択します。 画像が[個人設定]メニューにインポートされるのを待ちます。

ステップ3

自動的にマークされていない場合は、目的の画像の横にあるチェックボックスをオンにします。 スライドショーに含めたくない場合は、画像の横にあるチェックボックスをオフにします。

ステップ4

メニューの下部にある[画像の位置]リストを開き、塗りつぶし、展開、調整など、希望する方向を選択します。

ステップ5

スライドショーを行う場合は、移行時間を設定します。 10秒から1日の間の時間を選択できます。 [ミックス]の横にあるチェックボックスをオンにして、画像の順序をランダムに選択します。 変更を保存します。

興味深い記事