Apple会社のSWOT分析

強み

アップルの強みは、人々の生活に合った人間工学に基づいた電子製品を生み出す、トレンドを先取りする革新的なデザインです。 具体的には、Appleは2010年6月に終了した四半期に8, 000万ドルを投資して、研究開発にかなりの投資をすることができました。

弱点

Appleは、収益性が世界経済に依存していることを認識しています。 経済危機は企業に重大な悪影響を与える可能性があり、外貨の変動は外国市場での収益の予測を不確実にします。

機会

Appleは、iPhone、iPod touch、iPad用の新しいモバイル広告プラットフォームを導入する予定です。 この広告プラットフォームの導入は、新しい収入源の機会を表しています。

脅威

Appleは、特許侵害および独占禁止法違反の訴訟を含むいくつかの法的措置に関与しています。 訴訟の多くは中小企業からのものですが、著名な原告にはノキアが含まれます。 これらの訴訟は、不利な訴訟の可能性と法的防御に関連する継続的な費用のために脅威を構成します。

興味深い記事