エンティティ関係図を作成する方法

ステップ1

紙に配布されたエンティティの名前を書き、各エンティティの名前の周りに長方形を描きます。 エンティティは通常、システム、ルール、または物語の説明において実質的です。 たとえば、映画館では、エンティティは映画、上映スケジュール、スクリーン、俳優、映画館になります。

ステップ2

相互に関係があるエンティティ間に線を引きます。 各線にひし形を描き、その上に関係の性質を書きます。 たとえば、俳優と映画のフレームの間に線を引き、線のダイアモンドに「act / perform by」と書きます。

ステップ3

属性を円で追加し、線を使用して関連するエンティティに接続します。 これらの属性は、エンティティ関係図で表現したい重要な情報です。 たとえば、俳優の名前、写真、伝記を追加できます。

ステップ4

各エンティティの基数または要素の数を追加します。 たとえば、多くの映画でショーのスケジュールを多数設定できる場合、2つの画像間の関係の線の両端にポイントを追加できます。 画面が多くのショーを再現する場合、ショーの写真に触れる行の最後にドットを配置します。

興味深い記事