Microsoft WordとExcelを使用してタグを作成する方法

Excelにデータを入力する

Microsoft Excelで空白のドキュメントを開きます。

列見出しを作成します。 最初の行(行1)に、データの列見出しを書き込みます。 たとえば、郵便ラベルを作成する場合、タイトルには「名前」、「住所」、「市」、「州」、「郵便番号」を指定できます。 それぞれが独自の列にある必要があります。 この例を使用すると、列1Aは「名前」、列1Bは「住所」、列1Cは「市区町村」などとなります。

情報を入力してください 列見出しを作成したら、行2からデータを入力できます。データに必要な数の行を使用します。

データを保存してドキュメントを閉じます。

Wordでタグを作成する

Microsoft Wordで空白のドキュメントを開きます。

「通信」タブをクリックしてから、「ラベル」をクリックします。

作成するラベルのタイプを選択します。 [タグ]をクリックすると、ダイアログボックスが表示されます。 [オプション]をクリックして、使用するラベルを選択します。 たとえば、Avery 5260郵便ラベルをお近くのコンピューター用品オフィスで購入した場合、ここでこのラベルを選択できます。 タイトル「ラベルマーク」の下で、「Avery US letter」を選択する必要があります。 次に、「製品番号」に「5260」を選択する必要があります。 完了したら、[同意する]をクリックし、[新しいドキュメント]をクリックします。 選択したラベルのサイズの新しいドキュメントが表示されます。

インポートするデータを選択します。 [通信]の下で、[受信者の選択]をクリックし、[既存のリストを使用]をクリックします。 ファイルにアクセスして、作成したExcelドキュメントのタイトルを選択します。 「開く」をクリックすると、「シート」を選択するかどうかを尋ねるダイアログボックスが表示されます。 Excelドキュメントで複数のシートを使用していない限り、「シート1」を選択できます。 [同意する]をクリックします。 [OK]をクリックすると、何も起こらなかったように見えますが、データはすでに選択されています。

「差し込みフィールドを挿入」をクリックします。 これは、作成した列見出しを配置する場所です。 上記の例を使用して、「名前」、「住所」などの見出しをクリックします。 これらの見出しを挿入するときは、表示するのとまったく同じ方法で配置する必要があることに注意してください。 郵便ラベルの場合、最初に「名前」見出しを挿入してから、「入力」をクリックします。 次の行に「アドレス」という見出しを挿入し、「Enter」をクリックします。 次の行では、「市」を挿入し、「州」を挿入する前にコンマとスペースを追加する必要があります。 これは、典型的な郵便ラベルがどのように見えるべきであるかです:「名前」「通り」「市」、「州」「郵便番号」。

[タグを更新]をクリックします。 見出しは、ドキュメントの各ラベルに表示されます。

[結果のプレビュー]をクリックします。 次に、データのインポート時にラベルがどのように見えるかを視覚化できます。 変更を加える場合は、[結果のプレビュー]をもう一度クリックすると、戻って必要な変更を加えることができます。

組み合わせは終了します。 ラベルの編集が終了したら、「完了して結合」をクリックし、「個々のドキュメントを編集」を選択します。 ダイアログボックスが表示されます。 [すべて]を選択すると、データが新しいドキュメントにインポートされます。

文書を保存する これで、ラベルを印刷する準備ができました。

興味深い記事