プレーンテキストドキュメントをExcelシートに変換する方法

ステップ1

Microsoft Excelで新しいブックを開きます。 [データ]タブに移動し、[外部データの取得]セクションにある[テキストから]オプションをクリックします。

ステップ2

インポートするテキストファイルをコンピューターで検索し、[インポート]ボタンをクリックします。

ステップ3

[区切り]または[固定幅]オプションを選択します。 区切りオプションは、データがコンマ、タブ、セミコロン、スペースまたはその他の文字などの区切り文字で区切られていることを示します。 [固定幅]オプションは、フィールドが列またはフィールド間にスペースで配置されることを示します。 「次へ」ボタンをクリックします。

ステップ4

前の手順で「区切り」オプションを選択した場合は、区切り文字を選択します。 「固定幅」を選択した場合、フィールドを分離する位置をクリックしてブレークラインを作成できます。 ブレークラインをクリックしてドラッグすると、ブレークラインの位置を変更できます。 それらをダブルクリックして削除することもできます。 「次へ」ボタンをクリックします。

ステップ5

一般的なテキストや日付など、列のデータ形式を選択します。 この時点で、「列をインポートしない(スキップ)」ラジオボタンをクリックして、インポートしたくないフィールドを選択することもできます。 [完了]ボタンをクリックします。

ステップ6

データを既存のスプレッドシートにインポートするか、新しいシートにインポートするかを選択します。 既存のスプレッドシートを選択する場合は、データをインポートする最初のセルを選択します。 [同意する]をクリックします。 データはスプレッドシート形式で表示されます。

ステップ7

[保存]をクリックして、スプレッドシートにデータを保存します。 「タイプとして保存」フィールドでオプション「Excel Workbook 97-2003(*。Xls)」を選択します。

興味深い記事