ワードスクエアにXを配置する方法

ステップ1

Microsoft Wordを開く [ファイル]タブをクリックし、[開く]を選択します。 四角の付いたWord文書を見つけて「X」を配置し、ファイル名をダブルクリックします。

ステップ2

最初の正方形に移動して、「X」で塗りつぶします。 ページ上部の「挿入」タブをクリックします。 タブの下の「形状」ボタンをクリックします。 [行]セクションの最初の行をクリックします。 カーソルが合計記号になります。

ステップ3

正方形の左上隅から右下隅まで線を引きます。 「フォーム」と「線」のプロセスをもう一度繰り返し、正方形の右上隅から左下隅まで線を引き、「X」を形成します。

ステップ4

Wordページのテキストボックスに「X」の文字を追加し、正方形に到達してクリックします。 「x」を入力するか、「Shift」キーを押しながら大文字の「X」を入力します。

ステップ5

「挿入」タブの下にある「クリップアート」ボタンをクリックして、ページの正方形に「X」グラフィックを挿入します。 [検索]ボックスに文字「X」を入力します(引用符は不要です)。 「OK」をクリックします。 結果を検索し、「X」のみの画像の1つをダブルクリックします。この画像は、周囲に他の図面がありません。 「X」をページ上の正方形にドラッグします。

ステップ6

動的チェックボックスのWord文書を確認します。 灰色で表示されるか、影がある場合があります。 これらは、それらで構成された特定のドキュメントでのみ表示されます。 正方形の中央の任意の場所をカーソルでクリックすると、「X」が表示されます。 ボックスをもう一度クリックして、「X」を削除します。

興味深い記事