磁気記憶装置とは何ですか?

磁気ストレージの基礎

磁気記憶装置は、主な磁気電荷で動作します。 基本的な前提は、金属ケーブルなどの磁化可能な媒体を電磁石で磁化できることです。 その後、磁気的に「読み取る」ことができ、記録された「データ」が再生されます。

オーディオ録音

磁気ストレージは、最初にオーディオ録音に使用され、一般に磁気録音として知られています。 基本的な原則は同じです。 最近のオーディオ録音では、通常、磁気記憶装置が使用されます。

デジタル録音

デジタル磁気記憶装置は、ずらしたパターンで記録(データを保存)します。 これは、デジタル信号が2つの主要な状態のみで構成されているためです。 デジタルデータストリームは、1と0のシーケンス(1と0)を含むバイナリ信号に似ているため、必要な磁気状態は2つだけです。

磁気記憶装置

磁気記憶装置は、磁気ヘッドを使用して、磁化可能媒体との間でデータを読み書きする装置です。 メディアは、オーディオ録音やテープストレージデバイスに見られるような金属微粒子でコーティングされたプラスチックテープと同じくらい基本的なものです。

磁気ストレージの種類

磁気記憶装置には多くの種類があります。 オーディオテープは、後にコンピューターストレージに使用される磁気記録の最初の例の1つです。 コンピュータのハードドライブは、磁気データストレージのより現代的な例です。 フロッピーディスクは別の例です。

興味深い記事