ExcelでAPRを計算する方法

セルA1に、お金を借りる期間を記入します。 たとえば、360と入力します。 これが期間になります。 たとえば、住宅ローンの期間を意味する360を記述します。 この場合、360期間は360か月(30年* 1年あたり12か月)に相当します。 これを行うために、Excelの略語はnper(期間の数)です。

毎月支払う金額を入力します。 住宅ローンの費用が1か月あたり1, 600ドルの場合、セルA2に「-$ 1, 600」と入力します。 これは月額料金です。 毎月、総額1, 600ドルの負債を割引きます。 支払い機能は省略されていません。

セルA3に借りている金額を入力します。 この例の金額は250, 000ドルで、これはローンの元の価値です。 ドル記号とコンマなしで250, 000を書き込みます。 式のこの部分の略語はva(現在値)です。 現在の値は、現時点で将来の支払いの価値の合計です。 それは資金提供されている金額です。

セルA4 "0"に書き込みます。 これは、ローンの終了時に、希望する残高がゼロに等しいためです。 目標は、住宅ローンを支払うことです。 Excelでは、この部分の式はvf(将来の値)です。 将来価値とは、支払いが行われた後に希望の残高を維持することを意味します。

セルA5に書き込み” =レート(A1、A2、A3、A4)* 12 "。結果のレートは7%です。これは、年間250, 000ドルの家の等価年間レート(APR)が7%であることを意味します。支払いは月額$ 1, 600になります。同等の年間レートを取得するには、12を掛けます。数字12を含めない場合、レートは年間ではなく毎月になります。

興味深い記事