携帯電話で赤外線はどのように機能しますか?

メディア転送

最近の多くの携帯電話、特にスマートフォンには、赤外線ポート(IrDAとも呼ばれます)を装備できます。 このポートを使用すると、互換性のあるラップトップに携帯電話をワイヤレスで接続して、携帯電話の連絡先情報を管理できます。 多くのラップトップには赤外線機能が搭載されていますが、電話機を制御するには追加のソフトウェアを購入する必要がある場合があります。 ラップトップまたは電話に赤外線接続を処理する機能がない場合、この機能をコンピューターに追加する簡単な方法はありません。 赤外線は短距離通信方式であり、携帯電話とラップトップの赤外線ポートを非常に短い距離で向かい合わせに配置する必要があります。 2つのデバイス間の通信が確立されたら、赤外線ポートを相互の見通し線外に移動しないでください。通信が中断される可能性があります。

セットアップ

コンピューターへの赤外線接続を構成するには、まずコンピューターと携帯電話の赤外線ポートを有効にする必要があります。 セキュリティ上の理由から、両方のポートは通常デフォルトで無効になっています。 終了したら、これらのポートを再度非アクティブにすることをお勧めします。一部の電話機では、ポートを短時間だけアクティブのままにして、その後自動的に非アクティブにするオプションを提供する場合があります。 Windowsコンピューターには、赤外線機能を備えた2つのデバイス間の接続を認識する機能が備わっており、接続が確立されると、データ管理ソフトウェアが連絡先をワイヤレスで管理する手順をガイドします。

メディア転送

携帯電話の連絡先のリモート管理に加えて、赤外線ポートを使用して、音楽ファイルまたは画像をコンピューターから携帯電話に転送できます。 上記の制限はこれらの接続にも適用されますが、一部の電話機でこの機能を有効にするために特別なソフトウェアは必要ない場合があります。 ほとんどの電話のファイルストレージ容量は非常に限られているため、多くのファイルを電話に転送できない場合があります。

興味深い記事