MATLABで色を指定する方法は?

ステップ1

色の名前を使用して、最も一般的な8色のいずれかを使用してグラフ内の要素をマークします。 MATLABが受け入れる値は、「黄」、「マゼンタ」、「シアン」、「赤」、「緑」、「青」、「白」、および「黒」です。 たとえば、次のコマンドを使用してグラフィックの背景を黄色にし、名前を常に英語で記述します。set(gca、 'Color'、 'yellow')

ステップ2

色の短縮名を使用して、フルネームを記述せずにステップ1で同じ8色を参照します。 値「y」、「m」、「c」、「r」、「g」、「b」、「w」、および「k」(「黄色」、「マゼンタ」、「シアン」、「赤、 「緑」、「青」、「白」、「黒」を手順1で説明した色のそれぞれの場所で使用できます。

ステップ3

上記の8色以外の色を指定するには、RGBコードのトリプレットを使用します。 RGBトリプレットは、特定の量の赤(R)、緑(G)、青(B)を含む1x3ベクトルで、1〜10のスケールで各色を生成します。たとえば、次のコマンドを使用して、グラフィックを明るい青の背景に設定:(gca、 'Color'、[。7 .7 .9])RGBトリプレットはプログラミングから作成することもできます。 たとえば、「rand(1, 3)」コマンドは、RGBトリプレットをランダムに作成します。

ステップ4

Nx3マトリックスでRGBトリプレットを収集して、カラーマップを作成します。 「colormap」コマンドの引数として行列を使用して、使用しているグラフに色を適用します。 「colormap」のみを記述して、現在のカラーマップを取得し、その外観を確認します。

興味深い記事