画面をコンピューターに合わせて調整する方法

ステップ1

モニターのメニューオプションにアクセスして、オペレーティングシステムが使用するコンピューターの画面サイズを調整します。 「メニュー」ボタンまたは「選択」ボタンを押して、モニター画面メニューを表示し、設定を調整して上下にナビゲートします。 高さと幅の値を増やして、モニターが調整されるまで画面を引き伸ばします。

ステップ2

ビデオカードがインストールされている場合は、ビデオカードに付属のソフトウェアを使用して画面の位置を調整します。 ATIなどの企業のビデオカードには、画面の設定を変更するために使用できるコントロールセンターまたはプログラムがあります。 [モニターのプロパティ]セクションに移動し、画面の位置とサイズの設定を探して変更します。

ステップ3

プログラムウィンドウまたは開いているフォルダーのサイズを大きくします。 右上隅にある[最大化]および[最小化]オプションを使用します。 2つのウィンドウの画像がある中央のボタンをクリックして、ウィンドウの現在のセクションを画面いっぱいにします。

ステップ4

開いているウィンドウまたはプログラムを手動でドラッグして、画面またはモニター全体に表示します。 タイトルバーをクリックして、ウィンドウを画面の左上または右上にドラッグします。 マウスカーソルを右下隅に置き、カーソルが2本の矢印のある線になるまでウィンドウをドラッグします。

ステップ5

フルスクリーンオプションがある場合は、それを使用します。 Webページに表示されるコンピュータープログラム、画像、またはビデオは、右マウスボタンでコンテキストメニューの全画面モードを選択することにより、全画面で表示できます。

興味深い記事