基本的な計算機でメモリキーを使用する方法

基本的なメモリ機能

ステップ1

電卓のメモリボタンを見つけます。 「M +」、「MR」、「MC」などのラベルが付いた一連のボタンがあります。

ステップ2

電卓の電源を入れます。 特定のモデルのメモリは、電卓をオンにするたびにリセットされることに注意してください。

ステップ3

保存したい番号を入力してください。

ステップ4

「最小」ボタン(「メモリ入力」)を押します。 このボタンは、電卓で異なる場合があります。 一部の計算機では、「MS」と表示されますが、これは「Memory Store」の略語です。 他の計算機では、このボタンに「STO」(「ストア」)というラベルが付けられます。 電卓の中にも、「M +」ボタンがあり、複数の目的に使用できます。 複数のメモリを持つ計算機では、この後に数値を入力する必要があります。これは、数値を保存するメモリバンクに対応しています。

ステップ5

他の計算を行って、数字が画面に表示されないようにします。

ステップ6

「Memory Recall」の略である「MR」ボタンを押します。 これにより、画面に番号が表示されます。

ステップ7

[MC]([メモリクリア])ボタンでメモリをクリアします。

計算を実行する

ステップ1

計算機のモデルに応じて、「最小」、「MS」、「STO」または「M +」を使用して、目的の計算を行い、結果を保存します。

ステップ2

別の計算を開始します。 以前に保存した番号が必要なポイントに到達したら、「MR」を押します。 計算を続けます。

ステップ3

以前に保存した番号に番号を追加するには、番号を入力した後に「M +」ボタンを押します。

ステップ4

以前に保存した数字から数字を引くには、数字を入力した後に「M-」ボタンを押します。

興味深い記事