IRハンドオーバー機能とは何ですか?

IRハンドオーバー

適切な機器と接続を使用すると、IRハンドオーバー機能により、これらの機器のリモコンをテレビ(および有効な別のコンポーネント)に向けることで、特定のデバイス(DVDプレーヤー、ケーブルテレビ、衛星テレビ受信機など)を操作できますデバイス自体を指すのではなく。 これらのデバイスをクローゼットまたは他の密閉されたスペースに配置し、それらが完全に見えるように操作を続行できます。

対応機器

最近の東芝テレビの多くは、一部のDVDレコーダーやその他のSamsung製品と同様に、IRハンドオーバー機能を使用して設計されています。 特定のコンポーネント(または購入を検討しているモデル)の仕様またはユーザーマニュアルを確認して、この機能が含まれているかどうかを確認し、ユニット自体の「IR Out」(赤外線出力)端子を探します。

チーム

IRハンドオーバー機能を構成するには、IRリピーターケーブルが必要です。 このケーブルの一方の端は、テレビ(またはその他の互換性のあるコンポーネント)の「IR出力」ポート(赤外線出力)に接続され、各端に赤外線センサーを持つ2つ以上の分岐(特定のケーブルに依存) 。 オーディオおよびビデオコンポーネントのIRセンサー(リモートコントロールを向けるデバイスの前面)に分岐を拡張し、センサーから1インチ(2.5 cm)の距離にそれらを位置合わせします(マニュアルを参照)必要に応じてIRセンサーの正確な位置を取得し、両面接着テープでそれらを接続します。

操作

テレビにIRハンドオーバー機能があり、この機能を使用して隠しケーブルレシーバーを制御するとします。 IRリピーターケーブルを接続したら、分岐点を設定し、ケーブルレシーバーのリモートコントロール(または、ケーブルレシーバーを操作するようにプログラムした場合はテレビのリモートコントロール)をテレビの方向に向けて押します目的のコマンドのボタン。 機能の名前が示すように、赤外線信号はテレビを介してケーブルレシーバーに転送されます。ただし、リモートコントロールが直接それを指している場合に限ります。

興味深い記事