クランクシャフトポジションセンサーを確認するにはどうすればよいですか?

テスト

CKPセンサーを使用すると、電圧出力をテストし、結果をメーカーの仕様と比較できます。 電圧計にニードルプローブが付属している場合は、センサーコネクタ付きのワイヤを調べます。 これが不可能な場合は、センサーから電気コネクタを外し、2つの半分をテストコネクタまたはジャンパケーブルのペアに接続します。 次に、コネクタを再度差し込みます。

デジタルマルチメータをACミニボルト範囲に設定し、アシスタントにエンジンを始動してもらいます。 一般的なセンサーの出力は200mVを超えます。 ただし、特定の車両のサービスマニュアルに記載されている仕様と結果を比較する必要があります。

サービスマニュアルに抵抗値が記載されている場合は、エンジンを起動せずにセンサーをテストできます。 センサーを取り外し、メータープローブを各センサーケーブルコネクタに接続します。 メーターをオームに設定し、測定値をサービスマニュアルで指定されている抵抗値と比較します。 電圧または抵抗値が仕様外の場合、センサーを交換します。

テスト結果が仕様の範囲内にある場合は、センサーの電気コネクターとワイヤーハーネスを確認してください。 センサーがエンジン管理システム(EMS)と通信するのを防ぐために、コネクタが緩んでいてワイヤが破損しているのが一般的です。 スタートホイールも必ず確認してください。 ホイールは、クランクシャフト上またはオフに配置されており、歯が損傷または欠落している可能性があります。 これらの部品またはコンポーネントはいずれも、CKPセンサーまたは回路でトラブルコードをトリガーできます。

センサーを交換する

正面またはモーター側にあるCKPセンサーを探してください(「参考文献」を参照)。 通常、1本のボルトで所定の位置に保持されます。 フロアジャックを使用して車両の前面を持ち上げ、2つの猫用スタンドに置きます。 次に、センサーから電気コネクタを外し、ソケットレンチでボルトを取り外します。

新しいユニットを取り付けるとき、センサーの先端からスタートホイールまでの正確な距離を維持するために、取り付け面が完全にきれいであることを確認してください。 一部の特定のモデルでは、ユニットを所定の位置に固定する前に、センサーのエアギャップまたはホイールからの距離を調整する必要がある場合があります。 必要に応じて、この調整について特定の車両マニュアルの指示に従ってください。

興味深い記事