死んだときにiPhoneをオンにする方法

ステップ1

iPhoneを接続してバッテリーを充電します。 デバイスに付属のUSBケーブルを使用してコンピューターに接続する場合は、必ず高性能USBポートに接続してください。 このタイプのポートは、CPUまたはモニターで通常見られるハードウェアを含むモニターで見つけることができます。 標準モニターのキーボードにあるUSBポートは低パフォーマンスのポートであり、デバイスを充電しません。 iPhoneの電源を入れるのに十分な充電が完了すると、Appleロゴが画面に表示されます。

ステップ2

バッテリーに関係のない問題が原因でデバイスが故障した場合は、「スリープ/アンリーシュ」ボタンを押し続けます。 Appleロゴが画面に表示され、デバイスの電源が正常にオンになったことを示します。 バッテリーが原因で電源が切れなかった場合でも、最後に使用してから数時間または数日経過している場合は、iPhoneを接続します。

ステップ3

充電しない場合は、デバイスを静かに再起動します。 ロゴが画面に表示されるまで、「スリープ」/「ウェイクアップ」キーを押しながら「スタート」キーを押し続けます。

ステップ4

デバイスが十分に充電されているが、電源が入らないと確信している場合は、iPhoneをAppleの修理担当者にお持ちください。 お使いの携帯電話には、電子障害、バッテリー切れ、または単独では解決できないその他の問題がある可能性があります。

興味深い記事