VB.NETでタイマーコントロールをプログラムする方法

ステップ1

Visual Basicプロジェクトを開きます。 「Timer」コントロールをダブルクリックして、Timer1をプロジェクトに追加します。 「Label」コントロールをダブルクリックして、Label1をフォームに追加します。 Timer1コントロールの "Enabled"プロパティを "True"(true)に変更し、 "Interval"(interval)プロパティを1000に変更します。

ステップ2

「F7」を押してコードウィンドウを開き、次のように入力します。

整数= 10としての薄暗い時間

これにより、変数が作成され、値で開始されます。

ステップ3

Timer1_Tickサブルーチンを開き、次のコードを入力します。

If time> 0 Then time = time-1 Label1.Text = time Else Timer1.Enabled = False End If

プログラムが実行されると、タイマーは1秒ごとに時間変数を1つずつ減らし、カウントが0になるまでラベルに値を表示します。その時点で、タイマーは非アクティブになります。

ステップ4

[Shift]キーと[F7]キーを押して、デザインウィンドウを開きます。 Timerコントロールをダブルクリックして、Timer2をプロジェクトに追加します。 プロパティを「有効」から「True」に変更し、「間隔」プロパティを100に変更します。それをダブルクリックして、Timer2_Tickサブルーチンを開きます。 次のコードを記述します。

If(Label1.Left + Label1.Width)> Me.Width Then Label1.Left = Me.Left-100 End If Label1.Left = Label1.Left + 5

このコードを使用すると、ラベルは画面を水平方向にスクロールし、10分の1秒ごとに5ピクセル移動します。 ラベルがフォームの右端に到達すると、左端にジャンプし、再び水平にスクロールし始めます。

ステップ5

[Shift]キーと[F7]キーを押して、デザインウィンドウを開きます。 Timerをダブルクリックして、Timer3をプロジェクトに追加します。 「Enabled」プロパティを「True」に、「Interval」プロパティを500に変更します。「TextBox」コントロール(テキストボックス)をダブルクリックして、TextBox1をプロジェクトに追加します。 プロジェクトTimer3をダブルクリックして、Timer3_Tickサブルーチンを開きます。 次のコードを記述します。

TextBox1.Text = TextBox1.Text.ToUpper TextBox1.Select(TextBox1.TextLength、0)

0.5秒ごとに、タイマーはTextBox1のテキスト全体を大文字に変更します。 デフォルトでは、タイマーがこの変更を行うと、カーソルはテキストボックスの先頭に戻ります。 コードの2行目は、これが起こらないようにします。

興味深い記事