DirectX 11をアンインストールする方法

ステップ1

「スタート」をクリックし、「コンピューター」を右クリックして「プロパティ」を選択します。 [システムのプロパティ]画面が開きます。

ステップ2

[システムのプロパティ]ウィンドウの左ペインで[システム保護]をクリックします。

ステップ3

[システム構成]の下の[ローカルディスク(C :)]をクリックし、[構成]をクリックします。

ステップ4

[システム保護を無効にする]をクリックし、[OK]をクリックしてから、もう一度[OK]をクリックします。 これにより、アンインストール後にコンピューターを再起動したときに、WindowsがDirectXを自動的に再インストールするのを防ぎます。

ステップ5

「スタート」をクリックし、「検索」ボックスに「regedit」と入力して、「Enter」を押します。 レジストリエディターが開きます。

ステップ6

レジストリエディターの左ペインで[HKEY_LOCAL_MACHINE]の横にある[矢印]をクリックします。 フォルダのリストが表示されます。

ステップ7

レジストリエディターの左ペインの[ソフトウェア]フォルダーの横にある[矢印]をクリックします。 フォルダの新しいリストが表示されます。

ステップ8

レジストリエディターの左ペインの[Microsoft]フォルダーの横にある[矢印]をクリックします。 フォルダの新しいリストが表示されます。

ステップ9

「DirectX」フォルダーを右クリックして、「削除」を選択します。

ステップ10

レジストリを閉じて、コンピューターを再起動します。

興味深い記事