データテーブルの作り方

ステップ1

タイトルから始めます。 タイトルは具体的で、データテーブルの内容を示す必要があります。 たとえば、ティーンエイジャーの運動習慣に関する調査がある場合、テーブルのタイトルは次のようになります。「リンドバーグ高校の運動習慣調査の結果」。 「各ティーンエイジャーが1日あたりの運動に費やす時間(分)」など、アンケートの各質問に字幕を付けることができます。 実験をしている場合は、その各部分に字幕を付けることができます。 しかし、一般的なタイトルも必要です。

ステップ2

定規を使用してチャートを描画します。 Microsoft Wordなどのコンピュータープログラムを使用する場合は、ドキュメントにテーブルを挿入します。 テーブルを描画または挿入する前に、必要な列と行の数を計算します。 前の例では、何人の学生が調査に参加しましたか? データを記録するために、それぞれの名前を個別にリストしますか? これにより、テーブルに必要な行数が決まります。 列は、あなたが尋ねた質問によって決定されます。 たとえば、1週間に毎日何分間運動するかを尋ねた場合、7列が必要になります。 毎日1つ。

ステップ3

グラフの場合と同様に、行と列に情報の意味を付けてください。 あなたの調査に精通していない人があなたのデータ表を簡単に読むことができることが重要です。 名前の意味は何ですか? 彼らはリンドバーグ高校に通うティーンエイジャーです。 テーブル内の数字は、一部のティーンエイジャーが運動に使用する分数ですか、それとも時間ですか? データ表は金種なしで読みやすいはずだと思っていても、それらを使用して具体的にすることが重要です。

ステップ4

対応する行と列にデータの量を書き込みます。 正しい数の行と列でテーブルを構築した場合、テーブルの各スペースに数値を配置する必要があります。 テーブルにタイトルと各行と列が表すものに名前を付けた場合、データテーブルは読みやすいはずです。 テーブルを作成したら、情報の中からパターンを探し、それらに基づいて結論をスケッチできます。

興味深い記事