ソフトウェア文書の重要性

ソフトウェア文書の定義

ソフトウェア製品またはサービスの使用と操作を促進する技術、ユーザーマニュアル、およびその他の指示は、ソフトウェアドキュメントを構成し、ソースコード、エラーコード、およびそれらの意味を(必要に応じて)含めることができます。 電子形式、PDFまたはCDファイル、または本として存在できます。

ソフトウェアドキュメントの標準

Institute of Electrical and Electronic Engineering(IEEE)は、ソフトウェア業界のドキュメントの標準を設計しました。 IEEE 1063-2001、「ソフトウェアユーザードキュメントの標準」と呼ばれ、ソフトウェアドキュメントマニュアルの内容、アーキテクチャ、および重要性について詳しく説明しています。 国際標準化機構および国際電気標準会議(ISOおよびIEC、同上)も、ソフトウェア文書の標準を確立しています。 それらの標準は、ISO / IEC 18019-2004およびISO / IEC TR 9294と呼ばれます。これらは、それぞれドキュメントとソフトウェア管理を扱います。 これらの各標準は、ドキュメントがソフトウェアライフサイクルの不可欠な部分であることを強調しています。

ソフトウェア文書の機能

ソフトウェアの開発におけるすべてのソフトウェアライフサイクルプロセスは、ドキュメントとして記録されます。 このドキュメントは、要件の定義、一般的なシステム仕様、各コンポーネントの仕様、および包括的なテストとメンテナンス計画に関する情報として書かれています。 構成管理ツールは、ソフトウェアのドキュメントでも非常に役立ちます。

開発者向けのソフトウェアドキュメント

開発者にとってのドキュメントの重要性は、最初のドキュメントにソフトウェアシステムの操作に関する情報が含まれているという事実にあります。 この情報により、ソフトウェアの複製またはメンテナンスへの適応が可能になります。 文書化された情報の種類は、通常、ソフトウェア会社にとって大きな価値があります。 そのような情報は、開発者が行き来するにつれて、文書化されていないと失われる可能性があります。

エンドユーザー向けのソフトウェアドキュメント

エンドユーザーマニュアルは、コンピューターとのユーザーの相互作用を促進します。 トレーニングマニュアルは、ユーザー指向のマニュアルの一例です。 ソフトウェアを生産的に使用するための学習時間を短縮し、エンドユーザーに多くのお金を節約します。 エンドユーザーのドキュメントは、システムの操作の詳細を示すリファレンスマニュアル、またはシステムの操作と保守の方法を詳細に説明するシステム管理者向けのガイドにすることもできます。

興味深い記事