コンピューター出力デバイスの種類

コンピューター出力デバイスは、コンピューターによって入力されたデータとプロセッサーをグラフィカル、数値、および視覚的に抽出するために特別に設計された外部ハードウェアです。

出力デバイスは、シンプルで読みやすい方法でデータまたは情報をユーザーに表示する役割を果たします。卓越した例はモニターです。

これらは、命令が与えられ、情報をコンピューターに入力するための機器の物理的な部分であるため、入力デバイスの反対です。

興味があるかもしれません:コンピューターからのデータ出力デバイスの例

コンピューターに出力デバイスが必要なのはなぜですか?

コンピュータハードウェアの一部である出力デバイスがなければ、それはあまり役に立ちません。 コンピュータが処理して保存する情報やデータを表示、聞き取り、編集、印刷、表示する方法はありません。

コンピューター出力デバイスの種類

出力デバイスにはさまざまなものがあり、それぞれに長所と短所があります。 最も顕著なものを見てみましょう:

モニターまたは画面:

モニターは、最もよく使用されるコンピューター出力デバイスです 。 モニターはコンピューターに接続された画面であり、コンピューターは操作のために電気エネルギーのポイントに接続する必要があります。

ファイル、テキスト、写真、ビデオ、グラフィックス、および写真は、 モニターを介してリアルタイムで表示できます。 シンナーを生産するたびに、プラズマや液晶などの高度な技術を使用します。

画面が明瞭であると、データの視覚化が向上します。 この明瞭さは解像度と呼ばれます。

画面モニターの解像度はピクセル単位で測定されます。 ピクセルは、割り当てられた色を含む小さなフレームで、小さく、画像の一部です。

画面またはモニターに映る各画像は、数百万のピクセルで構成され、より多くの忠実度または品質を実現できます。

これらの出力デバイスには、さまざまなサイズのプレゼンテーションがあります。 15、17、19、21インチは斜めに測定されます。 ラップトップのモニターはずっと小さくて薄いですが。

コンピューターモニターにはいくつかの種類があります。

CRTモニター (陰極線管)は、最初の出力デバイスの1つです。 背面に大きな引き出しがあり、すでに時代遅れの技術になっています。 背面の大きな真空管によって形成されます。

LCDモニターまたは液晶ディスプレイは軽量で、古いCRTモニターよりも優れた画質を備えています。 偏光ガラスの2つの特別なプレートで構成されています。

LEDおよびプラズマモニター 。 それらは、最新のテクノロジーを備えた出力デバイスです。 LEDモニターはLCDに非常に似ていますが、輝度を向上させるために小さなLEDを使用し、プラズマは2つのプレートの間に封入された希ガスの組み合わせで動作します。

興味があるかもしれません:コンピューターのさまざまな部分とその機能

プリンター:

プリンターは、紙に描かれた情報やデータを再現する出力デバイスです。 ユーザーがコンピューターまたはコンピューターから選択する必要がある情報。

プリンターで再現される画像の解像度または鮮明度は、1インチあたりのドット数(dpi)またはDPI解像度( 1インチあたりのドット数 )で測定されます。

プリンタのノミあたりのポイントが多いほど、より鮮明に画像を印刷および表示できます。 プリンターを使用して、カラーで、または単に白黒で再現できます。

プリンターと呼ばれる出力デバイスは、インパクトプリンターとインパクトレスプリンターに分類されます。

インパクトプリンター:

インクで満たされたリボンを紙に押し付ける小さなハンマー機構を使用します。

それらは、紙と物理的に接触しているため、 インパクトプリンターと呼ばれます。 それらは、オフィスや商業環境でまだ使用されている昔ながらのように見えますが、遅くて非常にうるさいです。

大量の印刷に非常に役立ち、極端な温度やほこりの多い環境に耐えます。

最も一般的なインパクトプリンターはドットマトリックスプリンターです。 一度に1文字のみを印刷します。

影響のないプリンター:

スピーカーまたはスピーカー:

それらはビューグルまたはホーンとも呼ばれます。 スピーカーの機能は、デジタルサウンドまたはオーディオを再生することです。 プレゼンテーションとさまざまなサイズがあります。 一部のスピーカーモデルは、SF映画から取られたようです。

これらの出力デバイスは、サウンド出力のためにコンピューターに接続されます。 形式には、ビデオ、音楽、ドキュメンタリー、ゲームなどがあります。

スピーカーが機能するには、機器にサウンドプレートが必要です。

これらは、2 スピーカー 出力デバイスの単純な構成から、5.1〜7.2システムとして知られるマルチチャンネルサラウンドサウンドユニットにまで及びます。 (通常のスピーカーは7台、サブベースまたはサブウーファー用のスピーカーは2台です)。

読むのをやめないでください:ハウススピーカー:複数の部屋のシステム

ヘッドホン

ヘッドフォンは音声出力デバイスです。 プレイヤーやゲーマーが非常によく使用します。 彼らは小さく、快適で、耳の形に適合しています。

サブヘッドフォン、イントラヘッドフォン、またはオーバーヘッドフォンが可能です。

一部のヘッドフォンには、スピーカーとマイクの組み合わせがあり、ユーザーが話すことができます。

家族や友人とのコミュニケーションに非常に便利なツールです。 これは、VoIPソフトウェアを使用してインターネット経由で可能です(インターネットプロトコルの頭字語)。

携帯電話、コンピューター、ラップトップ、mp3プレーヤー、mp4などのすべての電子機器で使用できます。

あなたは興味があるかもしれません:より低いヘッドフォンを取得する方法?

プロジェクター

ビデオプロジェクターまたはデータプロジェクターとも呼ばれます 。 プロジェクタの機能は、データまたは情報を表示できるようにすることです。

画像を表示できるのは、コンピューターに接続されている場合のみです。 画像をコンピューターから大きな壁、カーテン、または表面に反射します。

それは、光の動きを許可およびブロックするレンズシステムを通じて機能します。 反射された画像は、自然光または電灯ではあまり良く見えないため、低照度環境で最適に機能します。

この出力デバイスは、大学の教室、会議室、会議室で広く使用されています。 これにより、マルチメディアまたはデジタルプレゼンテーションを多数の視聴者に向けて共有できます。

プロッター

Computerhope.comは、プリンタに似た大きな出力デバイスとして定義しています。 このデバイスは、コンピューターに接続されているスタイラスを使用します。

プロッターはプロッターとも呼ばれます。 これらは、グラフ、図、図面を高解像度で作成および印刷するために使用されます。 主にエンジニアリング、設計、建築、広告の分野で使用されています。

スタイラスを使用すると、画像は多くの直線またはベクターグラフィックスを介して作成されます。

プロッターを使用すると、大きな用紙を扱うことができます。また、段ボールや木材などの平らな表面でも動作します。

DVDまたはCD-ROM

DVDまたはCD-ROMもストレージデバイスと見なされます。 ユーザーはデータと情報を記録することができ、古いCDは陳腐化した平面になり、DVDはより多くの情報を保存できます。

通常、DVDはストレージのバックアップに使用されます。 たとえば、ハードディスク障害の場合にドキュメントとアプリケーションを保存するために使用されます。

この出力デバイスは、紙と物理的に接触することなく画像とテキストファイルを再現できます。 それらは高速であり、多くのスペースを占有せず、ノイズが少ないことが判明しました。

最も一般的なインパクトレスプリンターは次のとおりです。

  • インクジェットプリンター :非常に一般的な家庭用印刷デバイスです。 彼らは、画像を形成するために紙の上に非常に小さな液滴を置くインクジェットシステムを含んでいます。

インクはカートリッジから供給されます。 これらには、紙の上にインクの滴を広げるいくつかのノズルが含まれています。

このタイプのほとんどのプリンターには、少なくとも2つのカートリッジが必要です。 白黒用の1つ。 色のための他のもの。 通常、配色は原色(青、赤、黄色)の組み合わせのシステムを使用します。

  • レーザープリンター 。 印刷の明瞭さと速度が向上するため、企業で最も使用されています。

インストールが簡単で、プリントサーバーを使用してコンピューターまたはネットワークに接続できます。 トナーと呼ばれる特別なパウダーを使用してください。 彼らはインクジェットプリンターよりも高価です

必ずお読みください:インパクトプリンターとインパクトレスプリンター

興味深い記事