独自の長距離HDTVアンテナの作り方

ステップ1

15 x 30インチの木製パネルを切り取ります。 アルミホイルを広げてパネルの片側を覆い、粘着テープで木材に固定します。 シートで覆われたパネルは、信号受信を増加させるための反射板として機能します。

ステップ2

ボードを測定し、長さ40インチ(101 cm)で1 x 2にします。 ボードの一方の端を上部としてマークします。 1 x 2のテーブルをテーブルの上に平らに置き、最も広い側面の1つ(2インチの側面)が上を向くようにします。 アルミ箔で覆われた木材の側面を1行2列のテーブルに置き、パネルの長さが1行2列のテーブルの長さと平行になるようにテーブルを置き、中央に置き、スライドさせて端は、1 x 2ボードの上端と同じ高さにありますハンマーと天井ネイルを使用して、木製パネル(反射板)を1 x 2ボードに釘付けします。

ステップ3

リフレクターを取り付けた状態でテーブルを1つずつ回転させ、テーブルの上に平らに置きます。 これで、アルミホイルを含むボードの面が上になります。 1 x 2テーブルの上端から始めて、4、8、12、16インチ(10、20、30、40 cm)を測定し、各測定に2つのマークを付けます。 テーブルの左端にマークを付け、右にもう1つマークを付けて、両方が両側にくるようにします。 完了すると、2つのペアで8つのマークがあり、各ペアは4インチで区切られています。

ステップ4

長さ14インチ(35 cm)の銅線8本を測定して切断します。 ナイフを使用して、各ワイヤの中心に直接1インチの絶縁体を切り込みます。

ステップ5

8本のワイヤーのそれぞれを、真ん中に直接クランプで曲げます。 Vの各脚の長さが7インチ(18 cm)になるように、Vの形に折ります。 脚の両端に3インチの隙間ができるまで折りたたみます。 これらのV字型はそれぞれ、信号伝送を受信するための弓またはアンテナの要素として機能します。

ステップ6

ステップ3の8つのマークのそれぞれに弓の1つを取り付けます。ドライバー、ネジ、ワッシャーを使用して、ワッシャーがV字型のバンを保持するように弓を調整します。木の 脚またはVの上部が1 x 2テーブルの反対方向を指すようにバンズの向きを合わせますアセンブリのこの時点でネジを締めすぎないでください。

ステップ7

15インチの銅線を切断します。 ペンチで、一方の端から断熱材の1インチを取り外します。 ケーブルの裸の端を左上隅のネジの下に保持します。 ワイヤーを渡り、右側の2本の真ん中のワイヤーの下に保持します。 ケーブルをもう一度交差させ、左下隅で下に保持します。 余分なケーブルを切断します。 ケーブルが各ネジの下に取り付けられている場合、ケーブルがネジとワッシャーと接触できるように、ナイフで絶縁体を切断します。

ステップ8

ステップ7を繰り返して、同様のケーブルを保持します。右上隅のねじから始めて、右下隅のねじの下に保持して終了します。

ステップ9

75オームバランを2組の下部ねじ(1 x 2ボードの上端から最も遠いねじ)に取り付けます。ねじの下のバランケーブルを左に接続してから締めて取り付けます。 バランは、HDTV同軸ケーブルが接続される場所にあります。

ステップ10

すべてのアンテナのネジを締めて完全にフィットさせます。

興味深い記事