ルーターの機能は何ですか?

インターネットアクセスを共有する

ルーターは、ワイヤレスまたはイーサネットネットワークケーブルと呼ばれるケーブルの2つの方法でインターネットアクセスを共有するのに役立ちます。 すべてのルーターは、イーサネットケーブルを使用してデバイスを接続するように設計されており、複数のコンピューター間で着信インターネット接続を共有できます。 有線接続を共有するには、ルーターでインターネットに接続し、別のイーサネットケーブルを使用して各コンピューターをルーターに接続するだけです。 ワイヤレスルーターにはこの機能がありますが、家やオフィスの建物内など、比較的短い距離で同じ信号を無線で送信する機能が追加されています。 届く範囲のデバイスは、デスクトップまたはラップトップ、タブレット、スマートフォン、ビデオゲーム機などのWi-Fiにアクセスでき、信号を受信できるため、インターネット接続が可能です。

ネットワークを共有する

ルーターを使用すると、インターネット接続の共有に加えて、コンピューターを結合して小さなコンピューターネットワークを形成できます。 このタイプのネットワークを使用すると、コンピューターはファイルを共有し、ネットワークプリンターにアクセスできます。 この機能は、インターネット接続の共有の有無にかかわらず使用できますが、1つのインターネット接続のみを共有するにはもう少しインストールが必要です。

ファイアウォールとネットワークセキュリティ

ワイヤレスルーターにより、ネットワーク、つまりネットワーク内の各コンピューターは、信号の範囲内にある任意のWi-Fiデバイスにアクセスできるため、第三者が有害な目的でアクセスする可能性があります。 これを解決する方法は、ルーターがファイアウォールとして機能し、許可されていない人のアクセスを制限することです。 これは、パスワードに似たセキュリティキーを使用して行われます。セキュリティキーがプリロードされたデバイス、または正しいパスワードを入力できるユーザーが使用するデバイスのみがネットワークにアクセスできます。

ネットワークに機能を追加する

一部のルーターには、そのポートに接続できるデバイスを共有できるように構築されたポートを備えた追加機能があります。 例として、USBポートが統合されたルーターがあります。これにより、ネットワーク上でUSBプリンターまたはUSBストレージデバイスを共有できます。 これは、ネットワーク上のコンピューターの1つに保存または接続されているプリンターへのファイルの交換およびアクセスとは異なります。 もう1つのオプションは、ネットワークに接続されたストレージデバイスなど、イーサネットケーブルを使用してルーターに直接接続できるデバイスを共有することです。

興味深い記事