ケーブルボックスをリセットする方法

説明書

ステップ1

リモコンを取り、デコーダーの前に立ちます。 デコーダーが自動的にオフになるまで、ボリュームアップキー、ボリュームダウンキー、および「情報」キーを一緒に押します。 オフにならない場合は、リモコンにバッテリーがあり、デバイスに向かっていることを確認してください。

ステップ2

オフにせずに続行する場合は、デコーダーの指示を確認して、デバイスをオフにする方法を確認してください。 最終的には、プラグを抜くことでいつでも強制的にシャットダウンできますが、意図した方法でオフにした方が良いでしょう。 しばらく、たとえば約30秒待ってから、再度オンにします。

ステップ3

デバイスの再起動中に、LCD画面に「ホールド」と表示された後に「オン」という単語が表示される場合があります。 再起動プロセスには、モデルに応じて最大5分かかります。 この間、デバイスまたはリモートコントロールでアクションを実行しないでください。実行すると、プロセスの速度が低下したり中断したりする可能性があります。

ステップ4

画面に時刻を表示すると、メニューが表示されるまでに通常より時間がかかる場合がありますが、時刻は正しくリセットされています。 適切な機能を持たない電子機器では、電源を切って入れ直したときに正常性を回復するのが一般的です。 したがって、障害を疑って技術サービスに移す前に、この手法を試すことを常にお勧めします。

興味深い記事