IPサブネットマスクの計算方法

IPアドレスに基づいてネットワーククラス(A、B、またはC)を決定します。IPアドレスが1〜126の数字で始まる場合、それはクラスAです 。IPアドレスが128〜191の数字で始まる場合、それはクラスですB. * IPアドレスが192〜223の番号で始まる場合、クラスCです。この例では、IPアドレス192.35.128.93が192で始まるため、ネットワークはクラスCです。

サブネットを定義するために必要なビット数を決定します。サブネット数=(2 ^ビット数)-2.したがって、ビット数= Log2(サブネット数+ 2)。 この例では、6つのサブネットがあります。*ビット数= Log2(6 +2)= Log2(8)=3。IPアドレスの3ビットがサブネット部分として使用されます。

デフォルトのサブネットマスクをサブネットビットで拡張することにより、バイナリ形式でサブネットマスクを生成します。 クラスAからCのデフォルトのサブネットマスクは、 11111111.00000000.00000000.00000000(クラスA、8ビットネットワーク部分) 11111111.11111111.00000000.0000000000(クラスB、ネットワーク部分16ビット)* 11111111.11111111です。 11111111.00000000(クラスC、ネットワーク部分は24ビット)この例では、クラスCのデフォルトのサブネットマスクを3ビットで拡張すると(ステップ2)、サブネットマスク11111111.11111111.11111111.11100000になります。

バイナリ形式のサブネットマスクを小数点形式に変換します。 バイナリ形式には4つのオクテット(それぞれ8ビット)が含まれます。 次のルールを使用します。 「11111111」オクテットの場合、「255」と入力します。 オクテット「00000000」の場合、「0」と入力します。 *オクテットに「1」と「0」の両方が含まれる場合は、次の式を使用します:integer =(128 xn)+(64 xn)+(32 xn)+(16 xn)+(8 xn)+(4 xn) +(2 xn)+(1 xn)。「n」は、オクテットシーケンスの対​​応する位置の1または0です。 この例では、11111111.11111111.11111111.11100000 11111111 ---> 255 11111111 ---> 255 11111111 ---> 255 11100000 --->(128 x 1)+(64 x 1)+(32 x 1)+( 16 x 0)+(8 x 0)+(4 x 0)+(2 x 0)+(1 x 0)=224。サブネットマスクは255.255.255.224です。

興味深い記事