Microsoft PowerPointをアクティブにする方法

Microsoft PowerPointをオンラインでアクティブ化する

PowerPoint 2003の[ヘルプ]メニューに移動し、[製品のライセンス認証]を選択します。 PowerPoint 2007では、「Office」ボタンをクリックします。 [PowerPointオプション]、[リソース]、[アクティブ化]の順に選択します。 PowerPoint 2010では、[ファイル]タブに移動します。 [ヘルプ]に移動し、[製品のライセンス認証]を選択します。

「プロダクトキー」を入力します。これは、Microsoft PowerPointのバージョンのCDボックスにある25文字のコードです。 PowerPointを購入したときに既にコンピューターにインストールされている場合は、コンピューターケースまたは付属のディスクとドキュメントでキーを探します。 パスワードを入力した後、「次へ」を選択します。

[同意する]ボタンをクリックして、ユーザーライセンスに同意して続行します。

「プログラムをオンラインでアクティブ化します」を選択してから、「次へ」を選択します。

[Microsoftに登録]ボックスにオプションを指定します。 登録する場合は、必要な情報を入力してください。 「次へ」をクリックして、ウィザードがアクティベーションを完了するのを待ちます。

電話でMicrosoft PowerPointを有効にする

前のセクションのステップ1から3に従います。

[電話でプログラムを有効にする]を選択し、[次へ]を選択します。

ドロップダウンリストで場所を指定します。 これにより、発信元の地域の電話番号を確実に受け取ることができます。

提供されたアクティベーション番号に電話して、サービス担当者に相談してください。 プログラムを検証した後、担当者から確認コードが提供されます。

「確認識別子」ボックスに担当者から提供されたコードを入力します。 [次へ]を選択してウィザードを終了し、PowerPointを有効にします。

興味深い記事