従来のデータベース設計の3つのフェーズ

概念設計

概念設計には、データベースの概念スキームまたはモデルの作成が含まれます。 このモデルは、データベース管理システム、プログラミング言語、ハードウェアプラットフォームなどの物理的な考慮事項に依存しません。 技術に詳しくないユーザーはスキームを理解する必要があるため、データベースの実装方法に関する詳細を含めないでください。 ただし、データの性質、構造、意味に関して詳細に説明する必要があります。

エンティティ関係モデル

概念フェーズでは、データベース設計者はしばしば、エンティティ関係モデル、またはダイアグラムと呼ばれるものを作成して、データベースの視覚化を支援します。 この図は、データベース内の関係またはテーブルとも呼ばれる各エンティティ、およびエンティティ間の関係を示しています。 基本的に、この図は、データベース設計者が基本を学び理解できるほど単純ですが、複雑なアプリケーションの開発に役立つほど詳細です。

論理設計

論理設計の目的は、一般的な概念概念を特定のデータベース管理システムの特定のデータモデルに変換することです。 論理設計は、概念設計からCASEツール(コンピューター支援ソフトウェアエンジニアリング)を使用して、手動で、または場合によっては自動で行うことができます。 いずれにせよ、最終結果は一連のデータ定義言語コマンドであり、対話的に、またはデータベースを作成するコンピュータープログラムの一部として使用できます。

物理設計

物理設計とは、データベース管理システムで論理データモデルを物理的に実装するプロセスです。 データベースのテーブルまたはリレーションシップを保存する特定のファイル構造の選択、およびリレーションシップへの迅速、効率的かつ安全なアクセスの確保が含まれます。 データベース設計者は、一般的に使用されるトランザクションのデータベースへのアクセス時間、1分あたりに処理されるトランザクションの平均数、およびデータベースに必要なスペースの量を考慮する必要があります。 データベースで決定された一部のフィールドまたは列のインデックスはアクセス時間を改善できますが、データベース設計者はインデックスを作成するフィールドを決定する必要があります。

興味深い記事