ピボットテーブルを使用してExcelで度数分布表と相対度数分布表を作成する方法

Microsoft Excelの動的テーブルを使用した相対頻度および相対頻度分布テーブルの作成

ステップ1

すべての情報を収集し、Microsoft Excelのリストにコンパイルします。 情報ポイントのリスト全体を選択して強調表示します。 それを右クリックして、「最小から最大に並べ替え」オプションを選択します。 情報ポイントが番号順になったので、度数分布表を作成するタスクははるかに簡単になります。

ステップ2

分布表に使用されるクラスのサイズ範囲と数を決定します。 たとえば、1〜5、5〜10、10〜15、15〜20、20〜25の5種類の間隔に似たものが必要な場合があります。 これらのクラスは、情報ポイントを整理するために使用されます。

ステップ3

Microsoft Excelでテーブルの作成を開始します。 列Aに異なるクラスを配置し、「クラス」というラベルを付けます。 列Bは「周波数」用です。 各種類の間隔に入る情報ポイントの量をカウントし、列Bの頻度を設定します。列Bの頻度リストの下の空白のセルを選択し、sum関数を使用して値を追加します。 この結果は、情報ポイントの合計量を提供します。 列Cに「相対頻度」を配置します。 相対頻度は、頻度を値情報の総数で個別に除算するだけで計算されます。 「相対頻度」列の最後にある空白のセルを選択し、「合計」機能を開発します。 [相対頻度]列の合計は1.00である必要があります。

ステップ4

Microsoft Excelで「挿入」タグを選択し、ピボットテーブル(動的テーブル)ボタンを選択します。 表全体で選択アイコンを使用します。 テーブルが別のシートに表示されるように、「新しいワークシート」の横にボックスを配置します。 「OK」をクリックします。 画面の右側に新しい列が表示されます。 レポートに追加する次のフィールドの横にボックスを配置します:「クラス」(「クラス」)、「頻度」(「頻度」)、および「相対頻度」。

ステップ5

「Options」および「Design」タグを使用して、ピボットテーブルを編集およびフォーマットします。

興味深い記事