Excelでオジーブを作成する方法

ステップ1

新しいExcelスプレッドシートを開きます。 セルA1に「データ」と入力し、セルB1に「間隔」と入力します。 セルA2から始まる列Aに弾頭チャートの作成に使用するデータセットを入力します。

ステップ2

セルB2から列Bにヒストグラムの間隔を書き込みます。 間隔は、ヒストグラムのデータ範囲の上限値を表す数値です。 たとえば、「0〜5」、「6〜10」、「11〜15」の範囲の頻度を決定する場合、間隔は「5」、「10」、「15」になります。 間隔は、横軸にプロットされた値として弾頭グラフに表示されます。

ステップ3

[ファイル]をクリックし、表示されるリストから[オプション]を選択します。 [オプション]ウィンドウが表示されたら[アドオン]をクリックし、[実行]をクリックします。 [分析ツール]の横にチェックを入れて、[OK]をクリックします。

ステップ4

画面上部の[データ]タブを選択し、リボンの右端にある[データ分析]ボタンをクリックします。 表示されるウィンドウのリストから「ヒストグラム」をクリックして、「OK」を選択します。

ステップ5

ヒストグラムウィンドウの[入力範囲]フィールドにカーソルを置きます。 セルA1をクリックして、マウスボタンを押したままにします。 データがある最初の列の最後のセルまでカーソルを下にドラッグし、ボタンを離します。 [範囲]フィールドにカーソルを置き、その列のすべてのセルを選択します。 [タグ]の横にあるチェックボックスをオンにします。

ステップ6

「新しいワークシート」の横のテキストフィールドにカーソルを置き、シートの名前を入力します。 「累積パーセンテージ」と「グラフ出力」の横にマークを付けて、「OK」をクリックします。 ヒストグラムとグラフが画面に表示されます。

ステップ7

グラフの中央部にある青いバーをクリックして、「削除」を押します。 これにより、頻度データが削除され、累積頻度の折れ線グラフが表示されます。

興味深い記事