家庭用コンピューターの4つの主要なコンポーネントは何ですか?

エントリー

コンピューターの目的は、たとえばテキスト、画像、音楽など、さまざまな方法で情報を処理することです。 コンピューターが情報を処理する前に、情報を入力する必要があります。利用可能な入力デバイスにはいくつかの種類があります。 ほとんどのコンピューターには少なくとも1つのキーボードがあり、ユーザーがキーボードを操作してデータやコマンドを入力できるようにします。 マウスまたはタッチスクリーンを使用してグラフィカルインターフェイスと対話し、製品識別子などを入力するためのバーコードリーダーなどの特殊なデバイスも使用できます。 オーディオとビデオの入力は、マイクとWebカメラ、またはデジタルビデオカメラによってキャプチャされます。

保管

コンピューターは情報を処理するために情報を保存できる必要があり、コンピューターシステムには主に2つのタイプのストレージがあります:一時的および永続的です。 一時ストレージとは、処理中に情報を保持するために使用されるコンピューターのメモリを指します。 ランダムアクセスメモリ(またはRAM)は書き込みと読み取りが非常に高速ですが、揮発性であるため、電源が切断されると、保存されているすべての情報が失われます。 情報が処理に必要な場合、情報はハードディスクからRAMにコピーされ、プロセッサに送信する準備が整います。

中央処理装置

中央処理装置は情報を処理し、コンピューターの「頭脳」として機能します。 CPUはマザーボードと連携して動作し、マザーボードはさまざまな電気信号を同期し、異なるコンポーネントが相互に通信できるようにします。 CPUには、大量の熱を生成する小さなシリコンの小片に数百万個のトランジスタが含まれています。 CPUヒートシンクは、ファンの助けを借りて熱を放散します。 現代のコンピューターのCPU速度はギガヘルツで測定されます。ギガヘルツは、クロックの速度を指し、1秒あたりにより多くのコマンドを実行できる最速のプロセッサーです。

出口

出力デバイスはコンピューターに不可欠であるため、処理された命令の結果を確認できます。 ほとんどのコンピューターの主な出力方法はモニターで、デジタル情報の視覚的表現を作成します。 オーディオ出力はサウンドカードとスピーカーを介して行われ、情報の物理的なコピーはプリンターを介して取得されます。 情報はコンピューターのポートを介して出力することもできます。たとえば、USBを使用してMP3音楽ファイルをパーソナルプレーヤーまたは別のデバイスにコピーできます。

興味深い記事