TwitterでのRTの定義

自動リツイートに対する手動リツイート

手動リツイートまたはRTは、新しいツイートの形で手動でコピーされ、ツイートの先頭に「RT」の文字が付加されたものです。 これは、ユーザーが「Retweet」ボタンをクリックしてリツイートを送信できる自動リツイートを導入する前に、リツイートを送信する唯一の方法でした。 この最近のスタイルのリツイートでは、「RT」という文字は使用されていません。

手動リツイート

リツイートを手動で送信するには、元の@username(@username)を含むツイート全体をコピーします。 ツイートの先頭に「RT」と入力し、その後に元の@usernameの前にスペースを入力して、「Tweet」ボタンをクリックします。 これは、ツイートをそのユーザーに帰属させます。 それを直接の日付と考えてください。

自動リツイート

リツイートを自動的に送信するには、フォロワーに見せたいツイートの「リツイート」ボタンをクリックします。 リツイートすることを確認するには、表示される確認ダイアログで「リツイート」をクリックします。 リツイートは、表示されたのとまったく同じように表示され、ユーザー名もリツイートの形で表示されます。

リツイートにコメントを追加する

リツイートを手動で送信する場合、送信する前にツイートにコメントを追加できます。 これを行うには、ステップ2で説明した方法でツイートを作成します。「RT」の前のツイートの先頭にコメントを入力します。 元のツイートのコンテンツ、元のツイーターのユーザー名、ユーザー名、「RT」、コメントを含める必要がある140文字のみを使用できることに注意してください。 元のツイートを大幅に短縮せずに手動でリツイートすることは常に可能とは限りません。 自動リツイートは変更できません。

リツイートタグ

すべてのツイートには140文字の制限があるため、コンテンツがリツイートされるように手動のツイートを変更する必要がある場合があります。 特定の人にリツイートされていることを忘れないでください。 リツイートを修正してスペースを節約する場合は、メッセージを元のメッセージにできるだけ近づけてください。 Twitterで誰かに間違った引用を送らないでください。 RTは通常、Twitterでは間接的な賛辞として扱われるため、必要な回数だけリツイートを送信してください。 ただし、あなたのフォロワーはあなたが自分のツイートも書いていることを見たいと思うことに注意してください。

リツイートの制限

リツイートを自動的に送信する場合、保護されたユーザーからのツイートをリツイートすることはできません。 保護されたユーザーとは、自分のプロファイルを非公開にしたTwitterのユーザーです。 承認されたユーザーのみがツイートを見ることができます。 その許可を付与し、フォローしている保護されたユーザーからリツイートを送信したい場合、TwitterではTwitter Webサイトからのリツイートを許可していないことがわかります。 「リツイート」ボタンをクリックしても何も起こりません。 技術的に保護されたユーザーにリツイートを手動で送信することもできますが、それらのユーザーはプライバシーを尊重することを好む可能性があります。

興味深い記事