信頼できるWebサイトと信頼できないWebサイトの違いは何ですか?

作成者の資格情報

ウェブサイトのコンテンツの作成者と、その知識分野での資格を確認してください。 資格がある場合、資格情報はWebサイトに記載されます。 また、著者が所属する組織または機関を検討することも重要です。 組織または機関のリンクや連絡先情報が公開されている場合、Webサイトは信頼できる可能性が高くなります。 最後に、著者が公開されている他の場所を確認する必要があります。 たとえば、あなたのウェブサイトで書いたものと同じテーマで学術雑誌や専門雑誌の記事を書いた場合、そのウェブサイトが信頼できる情報源であることを一般的に信頼できます。

著者の調査

ウェブサイトのコンテンツを作成するために行われた調査を検索してください。 「引用された作品」または「参考文献」のリストが存在する場合、著者が研究を行ったことを知っています。 また、このリストのリンクのいくつかを調べて、他の信頼できるソースが同じ情報を報告しているかどうかを確認する必要があります。 著者が自分の情報を入手した場所について言及していない場合、および彼が彼の分野の専門家でない場合、ウェブサイトは信頼できません。

記事の日付

記事がWebサイトでいつ作成されたか、またはWebサイトのコンテンツの最後の更新がいつ行われたかを確認します。 日付がどこにも表示されないが、記事が現在のニュースであるかのように古いニュースを参照している場合、または多くのデッドリンクが含まれている場合は、サイトが長時間更新されていない可能性があります。 いつでも情報が信頼できるものであったとしても、新しい調査によって情報が陳腐化する可能性があるため、日付を特定することが重要です。

ウェブサイトの種類

教育サイト(「.edu」で終わるもの)または政府のWebサイト(「.gov」で終わるもの)を探します。これらのサイトで提供される情報は信頼性が高いためです。 もちろん、コンテンツの作成者を調査する必要があります。 たとえば、生徒は学校のサーバーを介して公開された、ほとんど知らない主題に関する記事を書いた可能性があります。 個人、企業、組織が作成したWebサイトなど、他のWebサイトは通常「.com」、「。org」または「.net」で終わります。 これらのサイトの多くには信頼できる情報がありますが、他の多くにはありません。 ビジネスWebサイトには、製品の購入を促すバイアス情報が含まれていることが多いため、注意してください。 さらに、多くの人々は趣味としてウェブサイトを作成し、彼らが書いているトピックについてあまり知識がないかもしれません。

興味深い記事