UHF対アンテナ VHF

周波数特性

VHF周波数帯域の範囲は50〜225 MHz、UHF帯域の範囲は420 MHz〜1.3 GHzですこれらの帯域の波長は劇的に異なります。 たとえば、54 MHz VHF信号の波長は6メートルで、450 MHz UHF信号の波長はわずか70センチメートルです。 UHF信号の短波長により、障害物をより簡単に通過して電離層内で跳ね返ることができるため、送電塔の地平線を越​​えて移動できます。

アンテナ設計の原則

アンテナの目的は、電波の電磁エネルギーを捕捉し、アンテナに電流信号を誘導して導線に送ることです。 ほとんどのアンテナは、「エレメント」と呼ばれる複数のポイントで同じ信号をキャプチャするように設計されており、信号電流を結合するため、信号の強度が増幅されます。 エレメントの数と長さ、エレメントの間隔、およびこれらの厚さは、アンテナが捕捉するように設計されている周波数の波長の関数です。

VHFアンテナ

VHF波長は比較的長いため、VHFアンテナにはより多くの要素が必要です。 ただし、電流手段を誘導するときのVHF周波数の効率が高いほど、必要な要素が少なくなり、ロッド(またはそれらが取り付けられる「ブーム」は短くなる場合があります)。 UHFアンテナの場合です。 たとえば、144 MHzに最適なアンテナには、長さ41 1/8〜34 3/4インチ(1.04〜0.88 m)の12エレメントが17フィート(5.2アーム)に配置されている必要があります。 m)。

UHFアンテナ

UHF波長はVHFよりもはるかに短いため、その要素はそれに応じて短くなります。 さらに、UHFアンテナは、適切な量の信号増幅を提供するために、さらに多くの要素を必要とします。 432 MHzに最適化されたアンテナには、24.5フィート(7.47 m)のアームに33個のエレメントが必要です。 ただし、これらの要素の長さはわずか13 11/16〜10 11/16インチ(0.34〜0.27 m)です。

興味深い記事