テキストの引用でフランス語のサングリアを設定する方法

フランスのサングリアと呼ばれ、他のものよりも深いラインを開始します。 このルールは、ページ上で作品のテキストを引用する必要があるときに実行する必要があります。 スペースバーを使用して手動でマージンを設定するか、ルーラーでタブを設定できます。 フランスのサングリアのルールは、英語の頭字語のために、現代言語協会とアメリカ心理学者協会、MLAおよびAPAによって設定されています。 次のガイドを使用すると、必要な形式に関係なく、ルールを順守できます。 引用されたすべての作品または参照ページと同様に、引用がそのページから始まり、残りの作品から分離されていることを確認してください。

新しいMicrosoft Word文書を開きます。 テキスト形式で引用するか、参考文献を使用するかに関係なく、形式スタイルに適切な見出しを記述します。

見積書全体を書きます。 予約に複数の行がある場合にのみ、フランスのサングリアを作成する必要があります。

2行目の先頭にカーソルを置き、左マージンを揃えます。 MLAの規則に従う場合は、スペースバーを5回押してフランス語のインデントを作成します。 スペースバーを押しても2行目が動き始めない場合は、「Accept」キーを押してスペースを開始します。 Wordプログラムは行を下に移動しませんが、編集できます。 これは、各行で手動で行う必要があります。

ドキュメントがAPAスタイルのルールに従う必要がある場合は、ドキュメントの上部にあるルーラーにカーソルを移動します。 左マージンには、3行に分かれたボタンがあり、スペーサーを移動したり、各行に設定する開始点を開始したりできます。 距離をカスタマイズするには、定規の上にマウスを置きます。 下の三角形を正方形とともにドラッグして、テキストを配置する場所にドラッグします。 テキストと段落の残りの間で、Tab(タブ)キーを押すことができます。 APAスタイルの基準に従ってフランスのサングリアを形作るために、ボタンを右に½インチ(1.27 cm)のマージンまで動かします。 カーソルが予定内のどこかにある場合、ボタンを移動するとマージンが自動的に表示されます。

[段落]メニューの下にあるダイアログボックスでフランス語のサングリアを配置します。 「フォーマット」列をクリックします。 ドロップダウンリストから段落を選択します。 指定されたインデントの領域を見つけ、「特別」とマークされた領域の下のボックスをクリックします。 表示されるリストで「フランス語のサングリア」オプションを選択します。 Wordプログラムは、距離を自動的に0.5 "(1.27 cm)に設定します。これは、APA要件の位置合わせガイドラインを示します。必要に応じて別の測定値を入力します。いくつかの行でマージンが不要な場合は、それらの行を選択して、ルールを目的のメジャーに変更するだけです。

評議会

特にマークされた文を変更する場合は、ルールを移動してフランス語のインデントを設定します。 ただし、スペースをフォーマットするときにドキュメント全体に変更がある場合は、変更しないものを選択し、ルールを元の位置に移動します。

興味深い記事