ABS関数を使用せずにMATLABで絶対値を作成する方法

ステップ1

MATLABで変数 "number"のモジュールを計算するために必要な値を割り当てます。 たとえば、「number = -45;」

ステップ2

変数の値を評価する「if」テスト条件を記述します。 例えば

「番号<0モジュールの場合=番号*(-1);」

この場合、テストは変数「number」がゼロより小さいかどうかを判断します。 その場合、モジュールは、数値に(-1)を掛けて、符号をより少ないからより多くに反転することによって計算されます。

ステップ3

「その他」の部分を追加して、ステートメントを完了します。 ステートメントは次のとおりです。「else module = number; end」

「if」条件の「else」部分は、条件が偽の場合、つまり変数「number」がゼロ以上の場合にのみ実行されます。 「終了」という語は、条件付き命令ブロックの終了を示します。

ステップ4

「print module」と入力して、数値の絶対値を印刷して結果を確認します。 この例では、MATLABは数値「-45」の絶対値である「45」を出力します。

興味深い記事