コンピューターのアドレス指定モードの種類

即時アドレス指定モード

即時モードは、アドレス指定の最も簡単な方法です。 オペランドは命令の一部であるため、オペランドを取得するために命令以外のメモリ参照は必要ありません。 このモードは高速であり、定数の定義や初期変数値の設定に使用できます。 このモードは、アドレスフィールドのサイズに制限されているため、スコープが制限されています。これは、ほとんどの命令セットではワード長に比べて小さいためです。

直接アドレス指定モード

ダイレクトモードでは、アドレスフィールドにはオペランドのアドレスが含まれます。 指定された場所のオペランドを読み取るには、単一のメモリ参照が必要です。 ただし、限られたアドレス空間のみを提供します。

間接アドレス指定モード

間接モードでは、アドレスフィールドが指すメモリセルにはオペランド(ポインタ)のアドレスが含まれ、オペランド(ポインタ)にはオペランドの完全なアドレスが含まれます。 このモードは、直接および直接のアドレス指定とは異なり、大きなアドレス空間を持っていますが、オペランドを見つけるために複数のメモリアクセスが必要であるため、低速です。

登録アドレス指定モード

登録モードはダイレクトモードに似ています。 2つのモードの主な違いは、命令のアドレスフィールドがメモリ位置ではなくレコードを参照することです。 登録アドレスには有効なアドレスがありません。 レコードを参照するアドレスフィールドとして3ビットまたは4ビットが使用されます。

間接登録アドレス指定モード

このモードは、間接アドレス指定に似ています。 オペランドは、レコードの内容を指すメモリセルにあります。 レコードには、オペランドの実効アドレスが含まれています。 このモードは、間接アドレス指定よりも少ないメモリアクセスを使用します。 このモードには大きなアドレス空間がありますが、有効なアドレスを保存するために利用可能なレコードの幅に制限されています。

ルーティングアドレッシングモード

スクロールモードには、次の3つのバリエーションがあります。

1)相対アドレス2)ベースレジスタアドレス3)インデックスアドレス

このモードは、間接アドレス指定モードと登録モードの組み合わせと考えることができます。 アドレスには2つの値があります。ベース値と、ベースから加算または減算されて有効メモリアドレスを形成する整数オフセットを含むレジスタです。

スタックアドレッシングモード

暗黙のアドレス指定とも呼ばれるスタックモードは、最後に入力された最初の場所を参照する線形の場所のセットで構成されます。 オペランドはバッテリーの上部にあります。 スタックポインターは、スタック位置の先頭のアドレスを格納するレコードです。

興味深い記事