Excelで数式を作成する方法

簡単な数式

ステップ1

デスクトップショートカットをクリックするか、Windowsの[スタート]メニューから選択して、Microsoft Excelを開きます。 Excelブックが自動的に届きます。 この本には、ExcelがSheet1、Sheet 2、Sheet 3と呼んでいる3つの空白のスプレッドシートがあります。

ステップ2

各列にはExcelが数式で使用するタイトルがあり、各行には番号があることに注意してください。 スプレッドシート内の行と列が交わる場所はセルです。 各セルの名前は、列の文字と行番号で構成されています。 シートの上部にある最初のセルはA1です。 右側の次のセルはB1です。

ステップ3

シート1で計算する数値の書き込みを開始します。単一の列に数値を書き込むことも、行を介して数値を書き込むこともできます。 また、複数の列または行にデータを書き込むオプションもあります。

ステップ4

列内のデータの下、または最初の行の最後にある最初の空のセルにカーソルを置きます。 Excelでは、画面上部のツールバーの下にカーソルの位置とセル名が表示されます。

ステップ5

等号を記述して、各式を開始します。 Excelは、スプレッドシートの最初の行の上にある数式バーにすぐに表示します。

ステップ6

数式に含める最初のセルをクリックします。 Excelは、数式にセルの名前を追加します。 数学関数を書きます。 数字を追加する場合は、キーボードのプラス記号を使用します。 減算には、マイナス記号を使用します。 分割するには、疑問符キーのバーを使用します。 乗算するために、Excelはキーボードの数字8の上にあるアスタリスクを使用します。

ステップ7

数式で必要な各セルをクリックして、必要な算術関数を入力します。 数式が終了したら、数式バーの先頭にある緑色のチェックマークをクリックします。

オートスマ

ステップ1

Excel Autosumaボタンを使用して、数値の列または行の組み込みを高速化します。 各セルをクリックしてプラス記号を書くよりもずっと簡単です。

ステップ2

番号の後の最初の空のセルにカーソルを置きます。 Autosumaボタンをクリックします。 これは大文字のEに似ており、Excelの編集ツールバーにあります。 Excelは、空のセルに達するまで上の列のすべてのセルを強調表示します。 行データの場合、Excelはカーソルの左側のデータを選択します。

ステップ3

数式バーの緑色のチェックマークをクリックして、数式を完成させます。

数式でExcel関数を使用する

ステップ1

最初に空のセルにカーソルを置いて、Excelに統合された数学関数を使用して数式を作成します。 次に、等号を記述して式を開始します。 [式]を選択してから、[Excel 2007で関数の挿入]を選択します。Excel2003では、クリックして[挿入]メニューを開き、ドロップダウンリストから関数を選択します。

ステップ2

必要な機能を選択します。 オプションには、財務関数、日付、時刻、統計、工学、三角法、論理などが含まれ、カテゴリに分類されています。 すべての機能を表示するには、カテゴリのドロップダウンボックスで[全員]を選択します。

ステップ3

必要な機能を選択し、機能のリストで強調表示します。 それをクリックして、式に挿入します。 Excelはそれを数式バーに配置します。 これを試すには、「COUNT」または「AVERAGE」機能を選択します。

ステップ4

数式に含める各セルをクリックして、数式を完成させます。 セルの追加が完了したら、緑色のチェックマークをクリックします。 Excelに関数の計算結果が表示されます。

興味深い記事