AutoCADで画像を明確にインポートする方法

ステップ1

デスクトップ上の対応するリンクをクリックするか、プログラムファイルからプログラムを開いて、AutoCADプログラムを開きます。

ステップ2

画面下部のコマンドバーに「Image」と入力します。 コマンドバーをクリックまたは選択する必要はありません。コマンドの入力を自動的に開始するだけです。 キーボードの「Enter」を押して、書かれたコマンド、つまり「Image」を入力します。 コマンドを入力すると、「外部参照」という小さなウィンドウが表示されます。

ステップ3

マウスの右ボタンを使用して、「外部参照」ウィンドウの大きな白い部分をクリックします。 DWGの追加(「DWGの添付」)、画像の追加(「画像の添付」)、DWFの追加(「DWFの添付」)、DGNの追加(「DGNの添付」)を含むオプションのタブが表示されます。 さらに参照する場合、これは他の種類のファイルを追加する方法でもありますが、今のところは、「画像を添付」オプションを選択して画像を追加します。 電子メールに画像を追加するために使用されるウィンドウと同様に、標準の検索ウィンドウが表示されます。

ステップ4

追加する画像をコンピューターで検索します。 検索ウィンドウで画像ファイルを1回クリックして選択し、[開く]を選択します。 AutoCADは、.png、.tif、.jpeg、または.pdfを含む、あらゆるタイプの画像をインポートできます。 「開く」をクリックすると、「画像」という別のウィンドウが開きます。

ステップ5

このウィンドウには、「挿入ポイント」(スケール)と「回転」の3つのカテゴリがあることがわかります。 このウィンドウでは、各カテゴリの下のボックスに値を入力して画像の場所を指定することにより、これらのカテゴリをカスタマイズできます。 さらに、AutoCADは各カテゴリの下にある「画面上に指定」というボックスを自動的に選択します。 画面上の画像の回転と位置を簡単に指定できるため、これらのボックスはチェックしたままにします。

ステップ6

[画像]ウィンドウで[OK]を選択すると、画像の場所を制御できます。 クリックして、目的の場所に画像を配置します。 画像を配置したら、マウスの矢印を上下に動かすだけで画像を拡大縮小できることがわかります。 これは、図面の残りの部分に関連する画像を見ずに値を入力するよりも簡単です。 とにかく特定の値を入力したい場合は、クリックして画像を見つけてからスケールを入力します。

ステップ7

画像を回転させる場合は、画像をクリックして「回転」(回転)と入力し、キーボードの「Enter」をクリックします。 コマンドバーにコマンドを自動的に入力するために、いつでも入力することに注意してください。 コマンドを入力した後、1回クリックして画像を回転する基点を指定し、画像を目的の角度に回転する必要があります。 繰り返しになりますが、これは画面上で視覚的に行うか、基点を選択して目的の次数を書き込んだ後に特定の値を入力し、[Enter]を押します。

興味深い記事