Microsoft Wordワードプロセッサをアクティブにする方法

インストール後にアクティブ化する

ステップ1

Microsoft Word 2010のプロダクトキーを見つけます。キーは25文字です。

マイクロソフト、ベンダー、または再販業者からソフトウェアを購入した場合、プロダクトキーは左側のCDケース内にあるはずです。 オンラインでマイクロソフトからソフトウェアを購入してインストールした場合、キーはダウンロード注文確認ページにあります。 Microsoft Word 2010がコンピューターの購入に含まれていた場合、キーはコンピューターのステッカーまたは購入時に受け取った紙のドキュメントに記載されています。

ステップ2

Microsoft Word 2010を初めて実行します。 プロンプトが表示されたら、25文字のパスワードを入力します。

ステップ3

インターネットを使用してWordをアクティブにします。 入力したプロダクトキーがすべてのライセンス要件を満たし、インターネット接続が機能する場合、ワードプロセッサをすぐにアクティブ化する必要があります。 ソフトウェアは、インターネット接続を使用してすべてを自動的に処理します。

ステップ4

プロセスにインターネットを使用しない場合は、電話によるアクティベーションを選択します。 近くにコンピューターが必要です。 場所と製品の使用方法を入力します。 提供された顧客サービス番号に電話してください。 担当者は、アクティベーションアシスタントに書き込むための確認IDを提供します。

後で有効化

ステップ1

Microsoft Wordを開き、[ファイル]タブをクリックします。

ステップ2

[ヘルプ]をクリックし、[プロダクトキーのアクティブ化]をクリックします。

ステップ3

アクティブ化ウィザードが開いたら、セクション1で説明されている手順に従って、電話またはオンラインでアクティブ化します。

ステップ4

ライセンス認証後にMicrosoft Word 2010を閉じて再起動します。

興味深い記事