RTFとはどのような種類のドキュメントですか?

RTFについて

RTFは、形式を含むことができ、さまざまなプログラムやオペレーティングシステムで簡単に開くことができる種類のドキュメントを導入しました。 RTFファイルでは、太字、斜体、下線、およびテキストのフォント、色、サイズ、配置の変更を含む基本的なテキスト形式を使用できます。 RTFファイルのデータは、多くの種類のドキュメントで使用されるバイナリではなく、ASCII形式で保存されます。

RTFの利点

ASCIIファイル形式は、何らかの理由でオフィスソフトウェアがファイルを開かない場合、プレーンテキストエディターでRTFファイルを読み取ることができることを意味します。 すべての形式は、制御コードによって示されます。これにより、テキストが乱雑になりますが、それでも読み取り可能です。 RTFドキュメントは、Microsoft Word、OpenOffice.org、WordPerfectなどのワードプロセッシングプログラムで読み取りおよび編集できます。 MacやLinuxコンピューターを含む任意のオペレーティングシステムでRTFファイルを開いて編集することもできます。

RTFの制限

RTFは、ODT、DOC、DOCXファイル形式で利用可能な最も複雑なフォーマットオプションを提供しません。 マイクロソフトはRTF形式を積極的に開発しておらず、Microsoft WordはRTFファイルを正しく保存しないため、他のプログラムやシステムで開くのが難しくなります。 ほとんどの主要なワードプロセッシングプログラムでDOCおよびODTファイル形式が強力にサポートされているため、RTFはほぼ廃止され、DOC形式で保存できるより複雑なメタデータを処理しません。

RTFドキュメントを作成する

ほとんどのワードプロセッシングプログラムでは、ドキュメントをRTF形式で保存できます。 これを行うには、ワードプロセッシングソフトウェアの[ファイル]および[名前を付けて保存]に移動します。 [名前を付けて保存]ダイアログウィンドウで、ファイルの種類のドロップダウンメニューを選択し、[リッチテキスト形式(.RTF)]を選択します。 これによりフォーマットが失われるという警告が表示される場合があります。

興味深い記事