Office 2007アクティベーションを削除する方法

ステップ1

[スタート]メニューに移動し、[コンピューター]をクリックします。

ステップ2

「Program Files」フォルダーと「Common Files」フォルダーをダブルクリックします。

ステップ3

「Office 12」フォルダーの「Microsoft」をダブルクリックし、「Office Configuration Controller」をダブルクリックします。

ステップ4

ダブルクリックして「Proof.en」フォルダーを開き、「Proof.xml」ファイルを右クリックします。

ステップ5

「...で開く」オプションをクリックし、プログラムとして「メモ帳」を選択してファイルを開きます。

ステップ6

以下の行までスクロールします。

ステップ7

「AlwaysInstalled」を強調表示し、「neverinstalled」と入力します。

ステップ8

メモ帳のツールバーの[ファイル]メニューをクリックし、[保存]オプションを選択してファイルを保存します。 ファイルが上記の.xml拡張子で同じ場所に保存されていることを確認してください。

ステップ9

Microsoft Officeアプリケーションを起動し、アクティベーションプロセスを経ることなく作業を開始します。

興味深い記事