Word文書に実線を挿入する方法

Word 2007またはWord 2010

ステップ1

Microsoft Word 2007またはWord 2010でドキュメントを開きます。

ステップ2

チャートやグラフィックなどの大きな図面の一部となる一連の線を描画する場合は、描画キャンバスを作成します。 描画キャンバスはテキストから分離されるため、図形の線を簡単に接続し、テキストに影響を与えずに編集できます。 描画領域を挿入するには、「挿入」タブをクリックします。 [描画]セクションで、[形状]をクリックします。 「新しい描画キャンバス」を選択します。

ステップ3

[挿入]タブの[描画]に戻ります。 [フォーム]をクリックします。 [線]セクションで線のスタイルを選択します。

ステップ4

「Shift」キーを押しながら、マウスをクリックして、描画キャンバスの領域上でドラッグします。 これにより、直線が挿入されます。 複数の行を挿入するには、「挿入」タブの「描画」の下にある「形状」をクリックします。 描く線をクリックします。 「ブロック描画モード」を選択します。 線の描画が終了したら、「Esc」をクリックしてモードを終了します。

ステップ5

[Microsoft Office]ボタンまたは[ファイル]タブをクリックします。 [保存]をクリックしてドキュメントを保存します。

Word 2003

ステップ1

Microsoft Wordで文書を開きます。

ステップ2

「描画」ツールバーの「オートフォーム」をクリックします。 [線]で、挿入する線のスタイルを選択します。

ステップ3

クリックしてドラッグし、ドキュメント内の任意の場所に線を引きます。 「Shift」キーを押して直線を描きます。 このプロセスを繰り返して、必要な数の行を追加します。

ステップ4

[ファイル]> [保存]をクリックして、ドキュメントを保存します。

興味深い記事