CERファイルをPFXに変換する方法

ステップ1

「スタート」をクリックしてから「実行」をクリックします。 「MMC.exe」と入力し、「OK」をクリックします。 「コンソール」を選択してから、「アドオンの追加と削除」を選択します。

ステップ2

「追加」をクリックします。 変換する証明書を選択し、もう一度「追加」をクリックします。

ステップ3

[コンピューターアカウント]を選択し、[次へ]ボタンを押します。 [ローカルコンピューター]を選択し、[OK]を選択します。 「閉じる」をクリックしてから「OK」をクリックします。

ステップ4

作成した「証明書(ローカルコンピューター)」アドオンを開きます。 [個人]に移動してから、[証明書]に移動します。

ステップ5

変換するサーバー証明書を右クリックし、「すべてのタスク」、「エクスポート」の順に選択します。

ステップ6

開いたウィザードで「次へ」をクリックします。 ウィザードが表示されない場合は、手順5を繰り返します。それでも表示されない場合は、コンピューターを再起動して手順4に戻ります。

ステップ7

エクスポート時に「プライベートキー」を選択し、「次へ」をクリックします。

ステップ8

「個人情報交換」(PFX、または個人情報交換)ファイル形式を選択して、PFXファイルを作成します。

ステップ9

「次へ」をクリックして、ファイルのパスワードを選択します。 「次へ」ボタンをもう一度押します。

ステップ10

ファイルの名前を選択します。 ウィザードがPFX拡張機能を自動的に追加するため、拡張機能を含めないでください。

手順11

[次へ]をクリックし、ファイルを保存する場所を入力して、[完了]をクリックします。

興味深い記事