さまざまな種類のコンピューターモニター

CRT

フラットパネルディスプレイが手頃な価格になるまでは、CRTコンピューターモニター(Cathode Ray Tube)が最も一般的なモニターでした。 古いテレビと同様に、CRTモニターは、他のコンピューターモニターの選択肢よりもはるかに優れたコントラストレートと視野角を持っている傾向があります。

LCD

LCDコンピューターモニター(液晶ディスプレイ)は多くのスペースを節約し、壁に取り付けることもできます。 これらのモニターは広い視野角を提供し、サイズは通常17〜60インチ(43.1〜152.4センチ)の範囲です。

プラズマ

プラズマコンピューターモニターは、高い動作温度、高い電力消費、静止画像解像度のためにコンピューターで使用される頻度が低いモニターです。

タッチ

タッチコンピューターモニターは、タッチスクリーンを使用してコンピューターと対話する新しい方法を提供します。 これにより、ユーザーはマウスやキーボードを必要とせずに、画面上のアプリケーションと直接対話できます。

OLED

OLEDコンピューターモニター(有機発光ディスプレイ)は、LCDやプラズマスクリーンよりもはるかに薄くて明るいです。 OLEDモニターは、ガラスなどの透明な表面に配置することもできます。これにより、ユーザーはアクティブでないときでも透けて見えます。

興味深い記事