Microsoft Excelでサポートシートを作成する方法

ステップ1

[スタート]メニューで、[すべてのプログラム]ボタンを見つけてクリックして開きます。 コンピューターにインストールされているいくつかのプログラムのリストが表示されます。 「Excel」アイコンを見つけてクリックし、プログラムを開きます。

ステップ2

開いたら、空白のシートがウィンドウに表示されます。 シートを見て、左上隅のセルA1を見つけます。 そのセルをクリックして、出席シートのタイトルまたは単に「Assistance」という単語を入力します。

ステップ3

いくつかのセルをスキップし、B3の上に立ってクリックします。 出席スケジュールの最初の日付を書きます。 たとえば、「January 1」または「1/1」。 セルC3をクリックして、次の日付を入力します。 セルD3、E3などに、行3に沿って順番に日付を入力し続けます。 必要な日付をすべて含めるまで。 日数が印刷スペースを超える場合は、[ファイル]メニューに移動し、カーソルを[ページ設定]に移動します。 [ページ設定]メニューで[横](水平)を選択します。 これにより、シートの位置が垂直から水平に変更されます。

ステップ4

スプレッドシートでセルA4を見つけてクリックします。 セルA4に、学生、従業員、またはメンバーの名前を入力します。 セルA5をクリックして、次の名前を入力します。 セルを選択し、A6、A7、A8などで始まる列Aに属するそれぞれに名前を書き続けます。 すべての名前を含めるまで。

ステップ5

すべての情報を入力したら、ウィンドウの左上にある[ファイル]メニューを見つけます。 [ファイル]をクリックして、カーソルを[保存]に移動します。 保存ウィンドウが表示されます。 出席シートを保存するファイルフォルダーをダブルクリックします。 保存ウィンドウの下部で、「File」という名前の長方形にファイルに付ける名前を入力します。 ウィンドウの下部にある「OK」ボタンをクリックします。 出席シートが保存されました。

興味深い記事